勃起不全という四字熟語

治療に必要な医薬品は薬の製造会社と勃起不全

勃起不全の治療に必要な医薬品は、専門外来に行けば気軽にもらうことができるものですがこうした医薬品は一般市場で自由に入手ができるというわけではありません。なぜかというと、こうした薬を作ることができる製造会社というのは数が限られているからです。
勃起不全の薬にかぎらず、日本国内で販売されている医薬品の殆どには著作権や特許が存在します。例えば、勃起不全にものすごく効果のある薬が開発されたとしても、そうした薬は開発した会社が独占して製造することができる権利を得るため、他の民間会社は自由に薬を作ることができるわけではありません。こうした薬は一般的に先発医薬品と呼ばれ、同じような医薬品を作るためにはまずその権利関係がどのようになっているのかを調べなくてはならないわけです。
そして、勃起不全の薬に関しては未だにこうした著作権の問題が足を引っ張っている状況にあります。海外ではそのようなことはないのですが、日本国内では権利の問題で一般の民間会社が先発医薬品の成分を模倣して後発医薬品を作ることができない状況にあるので、一般市場に勃起不全の薬が置かれることはありません。後発医薬品というのは、先発の成分を真似てそれに近い形で作っている薬なので、薬の効果としては先発と殆ど変わらないというメリットが有ります。後発が大量に生産されると、薬の供給力が多くなりますので薬の値段も徐々に下がっていきます。
実際に、海外で販売されている薬はほとんどが後発のものなので、日本の勃起不全の薬と比較してもかなり価格がお得なものになっています。日本国内では保険すら適用されないので、入手するときには自己負担で病院に行く必要があるのです。