勃起不全という四字熟語

抜け毛薬はガイドラインにもあるが勃起不全のリスクも

男性型脱毛症の特効薬として知られている5α-還元酵素阻害薬は、男性機能の低下と言った副作用が起きるリスクが在ると言われており、男性機能の低下の中でも勃起不全と言う症状は20代から30代にかけての若い男性には深刻な問題と言えます。

尚、抜け毛を防止することが出来るのが5α-還元酵素阻害薬で、男性型脱毛症は遺伝子の影響により、男性ホルモンの一種となるテストステロンと5α-還元酵素が結びつくことでテストステロンは強制脱毛ホルモンとも言われているDHTに変換されてしまい、DHTは髪の毛の毛周期を乱す性質が在り、これにより抜けが多くなり、薄毛の症状を引き起こすことになると言われています。

しかし、5α-還元酵素阻害薬を利用する事でテストステロンとの結合が行われなくなるため、毛周期が正しくなり発毛を促す効果を期待することが出来ます。
尚、この5α-還元酵素阻害薬と言うのはフィナステリドと呼ばれる医薬品で、前立腺肥大症の治療薬として利用されているものです。

男性型脱毛症にはガイドラインが設けられており、男性型脱毛症の治療に最適な医薬品などの種類が定められており、フィナステリドと言うのは、ガイドラインの中では推奨される医薬品として定められているのが特徴です。

しかしながら、抜け毛を治療するために副作用が生じてしまい、勃起不全と言った男性機能の低下が在ると言うリスクは誰もが不安に感じるものです。
そのため、男性型脱毛症の治療を行う場合には、専門クリニックでの血液検査を受けて、医薬品に対する副作用のリスクの診断や医薬品の効果などの診断を受けた上で服用することが推奨されており、抜け毛が多くなって来たので、男性型脱毛症だと言った思い込みをしない事が大切です。